「校正」が仕事の人のブログです。校正の紹介、業界の裏話などをご紹介します。
初めてご来訪くださった方は、こちらをご覧ください。
遅筆に暖かくお付き合いいただければ、幸甚です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


間違えやすい漢字をついきゅうする

ワープロが普及する前と普及した後では、間違えやすい字は大きく異なります。自動的に読みを変換してくれるデジタル上では、「お洒落」を「お酒落」と間違えることはほとんどなくなりました(文字認識ソフトなどを使うと、時々見受けられますが)。
しかし、その代わりに世の中に出現したのが「変換ミス」というものです。同音で異なる漢字をいくつも持つために起きてしまう、長い日本語の歴史から見れば新種のミスです。普通の言語感覚を持っている人なら、窓を開けて「いい風邪ね」とはいいませんが、ワープロでは誤変換がありうるのです。
そのミスのおかげで僕たち「物読みのお仕事」に就く人々が仕事にありつけるといっても過言ではありませんが、だからこそ校正や校閲は間違いを見落とせないという話にもなります。

次にあげるのは、その中でも特に間違えて変換されやすいものです。
・読みが同じである
・意味も似ている
・同じ漢字が使われている
といった、間違えやすい要素をいくつも持ち合わせているもので、原稿をしっかりと作ってくださるお客様でも、往々に間違えてしまうものです。

・出席者に資料をはいふ(配布・配付)する
・ポケットティッシュをはいふ(配布・配付)する

・身元をほしょう(保証・保障・補償)する
・損失をほしょう(保証・保障・補償)する
・安全をほしょう(保証・保障・補償)する

・新しい機能をないぞう(内臓・内蔵)する
・ないぞう(内臓・内蔵)の調子がおかしい

・人質がかいほう(開放・解放)される
・扉がかいほう(開放・解放)されたままだ

・総理の責任をついきゅう(追究・追及・追求)する
・理想をついきゅう(追究・追及・追求)する
・真実をついきゅう(追究・追及・追求)する

・オランダのしゅと(首都・主都)はアムステルダムです
・ロッテルダムはオランダのしゅと(首都・主都)です

いかがでしょうか。僕は漢字検定の資格などは持ち合わせていません。今回羅列したのは、間違えやすい、見落としやすい漢字をメモしておいたものです。
我々にとって本当に大切なことは、確証をもってOKを出すことよりも、確証があっても辞書を引くことです。僕も上記の漢字はメモをとった後でも、何度も辞書を引いています。
人は必ずミスを犯しますし、それは我々にとっても例外ではないのです。



続きを読む



スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ads by google
校正本など色々
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

ろんりーぷるふ

Author:ろんりーぷるふ
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。