FC2ブログ

「校正」が仕事の人のブログです。校正の紹介、業界の裏話などをご紹介します。
初めてご来訪くださった方は、こちらをご覧ください。
遅筆に暖かくお付き合いいただければ、幸甚です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とあるスーパーのチラシの例

お客様によって、原稿の書き方は色々です。こと細かく指定をしてくるお客様もいれば、エクセルで数字と商品名だけ送ってくる方もいらっしゃいます。

例えば、毎週発行している、あるスーパーのチラシ。箇条書きのメールが送られてきて、

みかんジュース 360ml (100円) → 10本 1,000円 (320円引き)

こんな感じでしか書いていないこともあります。
お客様からすれば、「後はいつもどおりお願いね」ということなのでしょう。
さて、こんな原稿が入って、わが社は制作を開始しました。初校(お客様へ最初に見せる段階。初校、再校、3校…念校、(色校)、校了(責了)、下版と進んで印刷に至る)でお客様へ見せる前に、校正に入ってきたのが下の画像です。




さて、どんなチェックが入るのでしょうか?








最初に目につくのは、やはり320円お得!というところでしょう。一見、値引き金額は220円が正しいように思えますが、お客様が220円を320円と書き間違えたのか、680円を780円と書き間違えたのか、校正からは判断が付きません。値引きの金額が食い違っているという疑問出しをして、営業に確認をとってもらうのが一番でしょう。

次に、目のいい方は1.000円という金額に気がつくかもしれません。よく見ると、「,」ではなく「.」になっているのです。これでは、みかんジュース10本で1円という意味になってしまいます。原稿では「,」だったので、ここは大きな赤字で修正指示を出しましょう。このように、「,」と「.」は

形が似ている
小さくて見つけにくい
キーボード上で並んでいるので、ミスタイプしやすい
ミスになった場合、重大な過失になる

と、校正にとって気を引き締めなくてはいけないポイントです。同じサイズ、同じページ数、同じ文字数でも、金額が載っているか載っていないかでは、緊張度は大きく異なります。

さて、最後にトリビア的な知識を。
この画像内では、「かける(バツ)」の代わりに「エックス」が使われています。

表示されている文字が小さいと、見分けるのは難しいですが、拡大してみると違いがはっきりします。ポイントは、線の末端です。
x ×
(左)エックス。足がベースラインに平行  
(右)かける(バツ)。足が垂直に途切れている

使われているフォントによっては、見た目の違いがほとんどないものもありますが、当たり前のことですがこれらは全く異なる文字です。
チラシやパンフレットなどでも、よく間違って使用されているので、興味のある方は×に注目してみてはいかがでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほどなぁ〜
と思って読んでいました☆
私は仕事で、
×をエックスで書いたりしますi-179
またおじゃましま〜す!

こんにちは☆

今回は分かりました♪
でもバツ・エックスの話は為になりました!
自分の仕事に活かせるトリビアです。
へぇ〜×20!
早速×使ってみました☆

No title

コメントありがとうございます。

>ひぃ☆さん
Xのほうが、楽なんですよね!よくわかります(笑)
印刷して世に出さない文章なら、それでもいいと思います。
また遊びにきてくださいね

>name7010さん
ありがとうございます×20
面白くてためになる!そんなブログを作れたら幸甚です。
ネタの尽きないかぎり、頑張ります。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ads by google
校正本など色々
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

ろんりーぷるふ

Author:ろんりーぷるふ
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。