FC2ブログ

「校正」が仕事の人のブログです。校正の紹介、業界の裏話などをご紹介します。
初めてご来訪くださった方は、こちらをご覧ください。
遅筆に暖かくお付き合いいただければ、幸甚です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


校正から見たgoogle日本語入力

http://www.google.com/intl/ja/ime/
http://googlejapan.blogspot.com/2009/12/google_03.html

google社が、日本語の変換ソフトの無償配布(ベータ版)を開始したそうです。
googleで検索をすると表示される「もしかして」機能を使ったものだそうで、人名や地名などの変換がよりストレスなく行えるものだとか。
変換ミスを飯の種にしている物読みの仕事としては、とても気になるニュースです。
試しに、先日記事に書いた間違えやすい漢字を変換してみました。また、この記事も全てgoogle日本語入力で書いています。

・出席者に資料を配布する
・ポケットティッシュを配布する

・身元を保証する
・損失を保証する
・安全を保証する

・新しい機能を内蔵する(変換成功)
・内臓の調子がおかしい(変換成功)

・人質が解放される(変換成功)
・扉が開放されたままだ(変換成功)

・総理の責任を追及する
・理想を追及する
・真実を追及する

・オランダの首都はアムステルダムです
・ロッテルダムはオランダの首都です

うーん。部分的にカバーされているようですが、まだ文脈から用語をきちんと判断してはいないようですね。ちょっと安心したような、がっかりしたような、複雑な気持ちです。
とはいえ、これからより一層機能は拡張されていくのでしょう。この日本語変換ソフトが100%普及するとは思えませんが、我々構成(変換ミス)や校閲にさらなるプラスアルファが求められる時代になったのかもしれません。
とりあえずは、望むところだ、と行って(変換ミス)おきましょう。

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)






コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ads by google
校正本など色々
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

ろんりーぷるふ

Author:ろんりーぷるふ
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。