FC2ブログ

「校正」が仕事の人のブログです。校正の紹介、業界の裏話などをご紹介します。
初めてご来訪くださった方は、こちらをご覧ください。
遅筆に暖かくお付き合いいただければ、幸甚です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


適宣な仕事

今はやめてしまいましたが、職場に外国人の派遣社員のかたがいました。
日本語は日常会話程度は問題ないけど、難しい漢字はちょっと…というレベル。
印刷業界は他の仕事よりも多くの日本語の読み書きに触れるはず。また、特殊なジャンルの印刷物には難しい漢字も多く使われます。僕も、仕事に問題はないのだろうか?と、校正として心配しましたが、その人に振り分けられる仕事の多くはテキストの流し込み(原稿をデータでうけとって、コピペすること)作業で、後は文字組みの簡単なレイアウトを組むという簡単なものでした。

しかし、仕事というものは計画通りには進まないのが常です。ごくまれにですが、その人にも文字打ちの仕事が回ってくることがありました。

(例)スポーツ力一

漢字の一(いち)がー(音引き)になっていたり、カ(カタカナ)が力(ちから)になっていたりと、油断のできない誤字があるなか、思わず唸ってしまったのが「適宣」という誤字。正しいのは適宜(てきぎ)なのですが、確かに外国のかたには宣と宜はほとんど同じに見えますね。
しかし、本来象形文字である漢字が、わずかな形の違いで全く意味が変わってしまうというのも、興味深い話です。予想外の誤字から、ちょっと考えさせられてしまいました。

ちなみに、この誤字について、Aさんに直接教えたときのこと。
「Aさん、ここの漢字、本当は宜って書くのですよ」
「宜?なんて読むのですか?」
「『むべ』です」
「聞いたことない言葉です。どんな意味ですか?」
「えっ…」

そう言われて、すぐに出てこなくて言葉に詰まってしまいました。
宜とは、「当然だ」とか、「なるほど」とかいう意味で、身近なところでは宜しくという言葉にも使われるよ…と、調べなくてもスラスラと答えられれば、格好よかったのですが。漢字は、日本人にとっても難しいものでした。





コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは☆

今年1年楽しくお付き合いさせて頂き、本当にありがとうございました。
楽しいだけではなく、とても勉強になるブログです♪
来年もヨロシクお願いいたします☆

No title

> name7010 さん
ご挨拶が遅れましたが、昨年中は大変お世話になりました。初リンクをいただいたname7010さんのご期待にそえるよう、頑張っていきます!今年も宜しくお願いします。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ads by google
校正本など色々
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

ろんりーぷるふ

Author:ろんりーぷるふ
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。