「校正」が仕事の人のブログです。校正の紹介、業界の裏話などをご紹介します。
初めてご来訪くださった方は、こちらをご覧ください。
遅筆に暖かくお付き合いいただければ、幸甚です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


濡れ衣

仕事始めの翌日、回覧で新年会のお知らせが回ってきました。社内ネットワークの掲示板に告知すればいいと思うのですが、この手の回覧は何故かいつもプリントアウトされたものがまわってきます。

「(略)というわけで、○月○日に新年会をしようと思います。鍋の美味しいお店なので、みんなで舌包みをしましょう!」

あーあ、と思いながら、欠席のところにハンコを押して、隣の席にまわしました。実は、一月中は仕事が混んでいて、参加出来そうにないのです。昨年は参加費だけ払って欠席するという切ない事例が多くあったので、今年はあぶない橋は渡らないように…ということで、今回は参加を見送りました。

それから仕事へと戻り、数時間経ったときのこと。くだんの飲み会を企画していた人たちがワイワイと話しています。
参加者も決まって、打ち合わせをしているのかなと思いながら仕事をしていると、先程の回覧の紙を渡されました。

ぷるふ「あれ?僕はハンコ押しましたよ。」
「いや、そうじゃなくて…」

回覧の紙をよく見ると、文中の「舌包みをしましょう」がボールペンで「舌つづみを打つ」と訂正されていました。

「これ、書いたのぷるふさんでしょ?さすが校正だよね!」
ぷるふ「えっ!違いますよ!気づいたけど、書いたのは僕じゃないです」
「またまたー」

否定はしたものの、結局真犯人は名乗り出ず、事件は迷宮入りしてしまいました。
校正課ならやりかねないというのはわかりますが、何故いの一番に僕が疑われるのでしょう。この人望のなさ(ある意味、人望がある?)は普段の行いに問題があるのかなと、思った次第です。





コメントの投稿

非公開コメント

仕事以外で誤字を発見した場合

確かに気にはなるのだけれど、何となく指摘するのが憚られるのは私だけでしょうか?

No title

>>ほろさん
こんばんは!確かに、揚げ足をとるのを狙っているようで、気が引けますね。
とはいえ、もしかしたら向こうは校正にそういうツッコミを期待しているのかも、しれませんよ?「さすが、校正」なんて、言われるかもしれません。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ads by google
校正本など色々
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

ろんりーぷるふ

Author:ろんりーぷるふ
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。