「校正」が仕事の人のブログです。校正の紹介、業界の裏話などをご紹介します。
初めてご来訪くださった方は、こちらをご覧ください。
遅筆に暖かくお付き合いいただければ、幸甚です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レシピの校正

どうせ校正をするのなら、色々な種類の印刷物を読みたいもの。毎回同じような校正物では、さすがに飽きてしまいます。

その日の校正物は、雑誌のあるコーナーに掲載された料理のレシピ。レシピの校正をするにはコツが必要でして、料理の流れ全体を把握しなくてはいけません。用意した材料が全て使われているか、全く記述のなかった「ここで、準備していたAを混ぜます」などが出ていないか…など、あたかもひとつの推理小説を読んでいるような気分になります。

さて、あるメニューを校正していたときのこと。材料や調理方法におかしなところはなかったのですが、一つだけ気になるところがありました。それは、原稿のなかでは「人参を短冊切りに」とあるのですが、出来上がった写真が「さいの目切り」になっていたこと。調理中に崩れたようには、見えません。
さっそく、営業がお客様に電話をしたところ、すぐにメールが返ってきました。
「(略)ごめんなさい!さいの目切りでしたか…?実は、片付けた後にレシピを書いたもので、どっちだったか忘れてしまいました><;
ご指摘ありがとうございます!」

ええと、先生…結構適当なんですね…。
かくいう私は、料理はあまり得意ではありません。お菓子づくりは分量が命と聞いたことがありますが、料理の味は、あまり細かくなりすぎないほうがいいのかもしれませんね。

おまけ:時々ある間違いが、「味を整える」という表記。正しくは、「味を調える」です。「調」と「整」のどちらが正しいかわからなくなったときは、「調味料」という名前を思い出しましょう。





コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ads by google
校正本など色々
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

ろんりーぷるふ

Author:ろんりーぷるふ
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。