「校正」が仕事の人のブログです。校正の紹介、業界の裏話などをご紹介します。
初めてご来訪くださった方は、こちらをご覧ください。
遅筆に暖かくお付き合いいただければ、幸甚です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子供の名前

校正とは、人一倍他人の名前を読む仕事でもあります。名刺や社内報の誕生欄、名簿など、人の名前はことあるごとに出てきます。親のイマジネーションが左右される名前は、色々なドラマをはらんでいるようで、印象に残る物が多いです。
中でも、やはり最近の子供の名前には驚かされることが多いです。具体例を上げることは避けますが、物読みのプロである我々校正チームが、字面を見て読み方が全く頭に浮かばない名前を見ると、その子が将来どれほど説明に時間を費やすのだろうかと、他人事ながら心配をしてしまいます。音読み、訓読みなどとは違う次元で読み方が作られているのは、やはり問題ではないのかなと個人的には思います。

しかし、そんなことを話していた同僚(校正ではない)に、先日子供が生まれました。そして恐る恐る名前を聞くと、やはり昭和の時代には考えられなかったような合成的な名前なのです。事情を聞くと、その名前を考えたのは、同僚の奥さんなのだとか。

初めてわが子の名前を聞いた同僚が、奥さんに何故その名前にしたのかと尋ねると、「将来、この子だけ普通の名前だと、いじめられるかもしれない。だから、今風の名前にした」という答えが帰ってきたそうです。その話を聞いて驚いたのと同時に、最近見た珍しい子供の名前が次々と頭に浮かんで納得をしてしまったのも、確かです。
日本語に様々な変化が起こる昨今。もう、普通の名前の基準は変わっているのかもしれません。

…できれば、校正としては読めない読み方は歓迎したくない風潮ではあるのですが。





コメントの投稿

非公開コメント

人名は難しいです。

私は校正の専門職でも何でもないのですが、他の人の作った紙面をチェックしていて「こんな名前あんのかなぁ?」と思ってしまうような、とても読み方の想像もつかないような人名がありました。さりとて「違ってる」と断言もできず「…難読だね。ルビくらい振っておいたほうがいいと思うけど」とだけ告げました。
で、ルビも振られないまま出版され、出版後にその漢字は誤字であることが判明しました。

うーむ。人名のチェックは難しいです。

No title

>>ひろさん
こんばんは、コメントありがとうございます。
出版後にきづいたというのは、恐ろしいですね。名前はご本人の確認がとれるのが一番安全なのですが、そうもいかないことが多いですね。そのケースでは、ちょっとひっかかっただけに、悔しいですね。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ads by google
校正本など色々
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

ろんりーぷるふ

Author:ろんりーぷるふ
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。